施設名称 学校法人捜真バプテスト学園 認定こども園捜真幼稚園 (幼保連携型 認定こども園)
1.認可定員 165名

進級児を合わせて1・2歳児各1クラス、3~5歳児各2クラス編成

( )新規受入予定数

・1歳児 2016年4月2日~2017年4月1日生   8名 (3号認定 8名)

・2歳児 2015年4月2日~2016年4月1日生  10名 (3号認定 2名)

・3歳児 2014年4月2日~2015年4月1日生  49名 (1号・2号認定合わせて39名)

・4歳児 2013年4月2日~2014年4月1日生  49名 (1号・2号認定合わせて数名)

・5歳児 2012年4月2日~2013年4月1日生  49名 (1号・2号認定合わせて数名)

※3歳児は当園進級児と新規入園児・横浜シュタイナー保育園卒園児(連携施設)が1号・2号に加わります

2.入園の手続き

【1号認定】

(1)入園申込受付:2017年11月1日(水) 午前8時~8時半まで 入園申込書を園に提出

(2)面接日:11月1日(水) 午前9時~ 申込順に親子面接(入園相談済の方は免除)

(3)入園までの手続き

①入園内定者に入園申込受付当日、内定通知をお渡しします

②11月1日(水)午後  1号認定申請書を園に提出、重要事項説明と子ども面接をいたします

入園準備金・施設充実費を納入していただきます

(4)招集日:2018年2月21日(水)午後・3月13日(火)午後  契約・入園準備のための説明

【2号・3号認定】

(1)入園申込受付: 2017年10月16日~  2号・3号認定申請書類横浜市へ郵送提出

(2)面接日: 横浜市から利用調整結果を受領された方対象 園にて親子面接(入園相談済の方は免除)

2018年2月13日(火)午前 1・2歳児 、午後 3~5歳児 

(3)入園までの手続き

①横浜市から利用調整結果を受領された方は2月8日、園に入園申込書を提出

②2月13日 (火)午前 1・2歳児 、午後 3~5歳児  重要事項説明と子ども面接をいたします

入園準備金・施設充実費を納入していただきます

(4)招集日:2月21日(水)・3月13日(火)午前1・2歳児、午後3~5歳児

契約・入園準備のための説明

3.保育料・その他の納入金

【入園にかかる費用】

・入園準備金: 5,000円  ※入園準備のため契約後入園されなくてもお返しいたしません

【基本保育料】

・1号・2号・3号認定ともに子ども・子育て支援新制度における市町村の定める基本負担額(国基準の上限の範囲内で世帯所得等に応じて定める)、横浜市の場合は市民税が基準となります

・1号認定で横浜市型預かり保育を利用する場合の利用料も市町村の定める基本負担額

【特定保育料】

基本保育料を含めた公定価格に入っていない、教育・保育に必要なものを特定保育料として園に納めていただきます

①施設充実費 30,000円(1・2・3号新規入園児 入園時)

※2018年4月1日以降、お返しいたしません

②施設維持費 3,000円(1~5歳児 月額)

③教育諸費  5,000円(3~5歳児 月額)

④PTA会費  300円(1,2歳児 月額) 700円(3~5歳児 月額)

【実費費用】

①給食費  実費(3~5歳児 1号認定 月額)主食代 2,000円(3~5歳児 2号認定 月額)

②お誕生日会費  1,000円(1~5歳児 年額)

③自然教室費用  参考:約23,000円(5歳児)

④用品代 

1,2歳児入園時: マットカバー・ゴム印・聖書(新共同訳)・讃美歌21 参考:約4,000円

3歳児入園時: バッジ・通園帽子・運動帽子・上靴・防災頭巾・ゴム印・聖書(新共同訳)・讃美歌21                             参考:約11,000円

4歳児入園時: バッジ・通園帽子・運動帽子・上靴・防災頭巾・ゴム印・聖書(新共同訳)・讃美歌21・通園カバン  参考:約15,000円

4.保育時間

【1号認定】月・火・木・金曜日 9:00~14:00  水曜日 9:00~11:30

学期の始め、終わり、行事の日など、または学年によって多少変更あり

夏季・冬季・春季休園あり

【2号・3号認定、1号認定預かり保育利用】

 月~土曜日 7:30~18:30

5.休園日

日曜日、祝祭日、年末年始、その他園長の定めた日

※この募集要項の記載内容をよくお読みいただき、内容について同意いただいたうえで入園申込書をご提出ください
*2015年4月より「子ども・子育て支援新制度」が全国的にスタートしました。

新制度のスタートに伴い、園を利用する際の手続きが変わり、教育・保育の必要性に応じた「支給認定」を受ける必要があります。

支給認定区分として、1号認定(満3歳以上の就学前の子ども)・2号認定(満3歳以上で保護者の労働や疾病等により保育を必要とする子ども)・3号認定(満3歳未満で保護者の労働や疾病等により保育を必要とする子ども)の3つがあり、当園は認定こども園としてどの種類の認定区分のお子様もお受けすることができます。

2014年度までの幼稚園部・保育園部という枠ぐみではなく認定こども園一体として2015年度よりスタートしました。

*教会バザー

2017年5月3日(祝)10時~14時 園コーナーで教職員が園紹介をしています。

*見学会

2017年6月20日(火)・10月17日(火)10時~11時 園紹介と保育見学があります。予約不要。

*入園説明会

2017年9月12日(火)10時~11時半 入園募集についての説明と保育見学をいたします。予約不要。

*利用案内・募集要項・入園申込書配布(1号・2号・3号認定)

2017年10月16日(月)~ 

子ども子育て支援新制度における申込み区分(1号認定・2号認定・3号認定)により入園手続きの方法と日時が異なりますので入園を希望される方は事前に見学会や入園説明会へご出席ください。

*入園相談

2017年10月18日(水)・20日(金)・23日(月)・24日(火)・26日(木)事前予約制。 入園手続きについて、保育料の面からも利用時間の面からも複雑になっています。基本の保育料もご家庭の所得によって変わりますし、利用時間、給食費、兄姉の有無についても様々な面から検討してみる必要があります。当園の保育をよく理解していただいた上で、それぞれのご家庭にあった認定と入園手続きの相談をしています。 入園相談予約は9月1日(金)より受付開始いたします。申込は園受付にて行います。電話での予約はできません。

*1号認定入園申込み・面接

2017年11月1日(水)午前8時~8時半

*2号・3号認定利用申請一次申込受付(横浜市へ郵送)

2017年11月初旬 

*1号認定入園決定者子ども面接・重要事項説明・1号認定申請書提出

2017年11月1日(水)午後 

*2号・3号認定内定者入園申込み・親子面接、入園決定者子ども面接・重要事項説明

2018年2月13日(火)午前1・2歳児 午後3~5歳児 

*新入園児招集日:契約・入園準備のための説明

第一回2018年2月21日(水)・第二回2018年3月13日(火) 午前1・2歳児、午後3~5歳児

*募集人数・入園の手続き・保育料等・保育時間・休園日

『2017年度 認定こども園捜真幼稚園 募集要項』のページをご参考にしてください。2018年度については9月1日公表となります。

*保育時間

【1号認定】月・火・木・金曜日 9:00~14:00  水曜日 9:00~11:30

学期の始め、終わり、行事の日など、または学年によって多少変更あり

夏季・冬季・春季休園あり

【2号・3号認定、1号認定預かり保育利用】

 月~土 7:30~18:30

*通園方法について

自家用車での登降園が全クラス可能です(遠方の方)。ただし、園の行事・PTA活動時に自家用車を使用できないことがあります。

*要支援児受入について

入園希望についてはご相談ください。専門機関と連携をとり在園中も個別に対応しています。

*卒業生の進学先

卒業生の大半は、地域の公立小学校数校に分かれて進学していきます。

またその一方で、この園で初めてキリスト教に触れ、共感し、キリスト教の学校を希望して、私立小学校へ進学する卒業生もいます。

国公立青木、斉藤分、三ツ沢、南神大寺、神大寺、中丸、神橋、二ツ谷、宮ヶ谷、横浜国大付属、その他
私立捜真、関東学院、関東学院六浦、横浜英和、青山学院、慶応義塾横浜、森村学園、精華、田園調布雙葉、玉川学園、 清泉、横浜雙葉、聖ヨゼフ学園、洗足学園、聖心女子学院、カリタス、桐蔭学園、暁星、湘南白百合学園、光塩女子学院、横浜山手中華学校、その他
*2017年度転入園希望について

2017年度転入園についてご希望のある方は、空きがあれば随時申込み受付しますので、園にご連絡ください。1号認定は園への申込み・2号認定は区役所への申込みとなります。3号認定(1・2歳児)については、現在定員数の在籍となっておりますので受入できません。


見学会や皆様からのお問い合わせで多い質問にお答えいたします(2015年7月)


Q.1 幼稚園ではよく遊んでいる様子ですが、クラスで集まることはないのですか?

A. 幼稚園の教育というと、教師が子どもに何か教えるといったイメージを持つかもしれません。認定こども園教育保育要領解説では、「園児はそれぞれの興味や関心に応じ、生活や遊びといった直接的・具体的な体験などを通じて園児なりのやり方で学んでいくものであって、小学校以降の学習と異なり、保育教諭等が予め立てた目的に沿って、順序立てて言葉で教えられ学習するのではない。園児が、生活や遊びを通じて、学ぶことの楽しさを知り、積極的に物事に関わろうとする気持ちを持つようになる過程こそ、小学校以降の学習意欲へとつながり、さらには、社会に出てからも物事に主体的に取り組み、自ら考え、様々な問題に積極的に対応し、解決していくようになっていく。乳幼児期にこの様な体験をし、様々なことに興味や関心を広げ、それらに自ら関わろうとする気持ちを育むことは、人生最初の段階である乳幼児期から重要なことである」と述べられています。但し、このような保育は子どもたち一人ひとりの成長、課題を踏まえたうえで環境を整えタイミングよく言葉がけしていくことができないと達成できません。そのため保育教諭の資質、チームワークが大切になります。子どもたちが自主的に、自由に道具を使い、ルールを守って過ごせるよう、クラス活動や学年での活動も取り入れ、そこで経験したことをまた自主的な活動に取り入れていきます。


Q.2 認定こども園では、先生たちの免許はどのようになっているのですか?

A. 認定こども園で専任で働くためには、保育士資格(厚生労働省)と幼稚園教諭資格(文部科学省)の両方をもった保育教諭であることが義務付けられています。


Q.3 学年を超えて遊んでいる様子ですが、先生たちはどのように子どもたちを見ているのですか?

A. 園では全保育教諭が全園児を知っています。自主的活動の時の場所は、毎日ローテーションで変わり、保育教諭はその場所にいる子どもたちについて担当します。その様子は、遊びの日誌に記入し、保育後すぐにミーティングを持ち、その日の遊びの様子、気になる子どもについて等話し合い、次の日の担当者に遊びの日誌を渡します。それで、次の日の展開を頭に入れながら遊びを見ていきます。


Q4. 3才からの入園ですが、2号認定か1号と預かりを利用するか悩んでいます

A. 新制度に移行し、保育料の面からも利用時間の面からも複雑になっています。基本の保育料もご家庭の所得によって変わりますし、利用時間や、給食費、兄姉の有無についても様々な面から検討してみる必要があります。個々で違うので入園相談日でご相談ください。


Q.5 障がい児の受け入れはしていますか?

A. はい。東部療育センタ―等療育機関と連携し、お預かりしています。但し、各学年で受け入れられる人数がありますので、必ず事前にご相談ください。


Q.6 給食はありますか?

A. 1号認定の方は週に1回、その他はお弁当です。2,3号認定の方は給食で、月に一回はお弁当の日があります。2号の方でお弁当希望の方もいます。いずれも食育計画に基づき、実施しています。

お知らせ

捜真バプテスト教会
捜真バプテスト教会 教会学校

このホームページを購読