認定こども園捜真幼稚園は創立以来、キリスト教保育を行ってきました。その内容は園の教育理念に表れています。

園に集うもの皆、つまり子どもも保護者も保育者もそして園にかかわってくださる全ての方々が、「喜び」自分が神様に愛され、今ここで生かされていることを喜び、「祈り」どんな時でも祈るべき神様を知っていて、祈る喜び、祈られる喜びを味わい、「感謝」全ての事を善としてくださる神様に感謝する生活を通して、自分の存在をかけがえのないものと気づき、隣人と共に生きていこうとする力を神様に育てていただく園です。

以前卒業生が園を訪ねてきて「園で何をしたか何も覚えていないけれど、自分がここで大切にされたことは覚えている」と言ってくれました。

園にかかわるすべての人が、自分が愛されている存在であることを実感できるように、保育をしてまいります。

認定こども園捜真幼稚園園長 寺田千栄"

認定こども園捜真幼稚園園長 寺田千栄

横浜駅に程近い小高い丘の上にありながらも、桜の木に囲まれた園の庭では鶯などの小鳥のさえずりや虫の声が聞こえ、晴れた日も雨の日も自然を感じながら過ごす子どもたちの歓喜の声と笑顔が広がります。乳幼児の日々の生活は、子どもの人生の土台となる基礎を育む大切な時期です。我が園では将来を担う子どもの今の育ちを保証できる環境を整え、保育の充実に努めてまいりました。

屋外では体を十分に動かし、季節の変化を五感に働きかけ、体全体で感じながら健康な体の基礎を育みます。意欲的に心を躍らせて遊び込むことのできる豊かな環境の中で、人間関係や物や数量や様々な物への探求心を育て、生きる力を自ら構築していきます。また毎日読み聞かせてもらう絵本や保育者の語る物語(素話)、礼拝の中で聞く聖書のお話や讃美歌、を通して言葉への興味が広がり、豊かな文学の世界へと子どもたちを導いて行きます。

我が園の保育の土台となるキリスト教保育とは、子どもが神の愛に気づき、喜びと感謝、信頼をもって日々の歩みとなすことを心に留めて保育をすることです。聖書には、

「それゆえ信仰と希望と愛、この三つは、いつまでも残る。その中で最も大いなるものは、愛である」

コリントの信徒への手紙Ⅰ13章13節

と書かれています。それゆえ我が園では、神さまの愛に根差し神さまの恵みと愛のもとで生かされている子どもと保育者、保護者が互いに愛し合い、交わりながら子どもの育ちを喜び合える関係を育んでいきたいと願っています。

年々進化する現代社会の変化の中で、子どもが子どもらしく成長するために必要な、健全な育ちを保障できる環境を整えることが、大変難しくなってまいりました。それゆえ長年捜真幼稚園が培ってきたキリスト教保育を基盤とした園の教育を、より多くの子どもたちに与えることができる園でありたいと願い、2013年より幼保連携型認定こども園捜真幼稚園として新しい一歩を歩み出しました。これからも子どもたちの幸せを祈りつつ、成長していくことができる園でありたいと思っております。

認定こども園捜真幼稚園副園長 岡野きよみ

認定こども園捜真幼稚園副園長 岡野きよみ

捜真幼稚園は、1955年(昭和30年)に捜真バプテスト教会の牧師であった、千葉勇先生によって、教会附属幼稚園として創立されました。その後、1978年(昭和53年)学校法人捜真バプテスト学園を設立し、学校法人立幼稚園として地域社会の幼児教育に貢献できるよう、2013年度より認可保育所を併設した幼保連携型「認定こども園捜真幼稚園」として新たな歩みを始めました。

*健康の生活・・・・子どもが基本的生活習慣を身に付け、自立し自信を持って、お互いに安全に生活できる力を育てます。
*交わりの生活・・・子どもが自主的遊びを通して人と交わり、言葉で自分の気持ちや考えを伝え、互いの違いを認めつつ、共に過ごすことが喜びとなるように育てます。
*探求する生活・・・子どもが想像力をもって心を動かし、様々な環境、事象に興味を持ち、探求し挑戦することを通して、諦めない心、知的好奇心を育てます。
*表現する生活・・・子どもが自ら環境に関わり、感性を豊かにし、自分の思っていること考えていることを様々な方法で表現できるように育てます。
  • *礼拝を守り、聖書の言葉に触れ、祈る生活を大切にします。
  • *子どもの思い、興味を受け止め、遊びを通して、園生活が充実できるように援助します。
  • *子どもが、自主的に様々な事象、事柄に関わることが出来るように、環境を整えます。
  • *保護者、地域の方々との連携を大切にし、共に子どもの成長を喜びます。
  • *カリキュラムを含めた教師会、園内研修、園外研修を充実し、保育者の質向上を目指します。

①目に見えないことを大切にします

幼稚園の生活全体を支え、保育の基盤となっているのは、神さまへの礼拝です。このことは、創立以来ずっと大切にしてきたことです。子どもたちは礼拝を通して、神さまの存在を感じ、自分自身を振り返ったり、友だちに心を寄せたり、社会や自然のなりゆきにも思いをめぐらし目に見えないものを大切にできるようになります。

なにより一人ひとりが神さまの愛のなかに生かされていることに気づき、喜びのうちに心豊かに育てられていくことを願っています。

保育者は毎朝子どもたちを迎える前、祈祷会をもっています。子どもたちの見えない力に目を留め、心を支えるために、日々、神さまに全てを整えていただいて、保育の業に押し出されていくことを大切な時として感謝しています。

②自主性を大切にします

子どもたちの目に見えない力を育てるために、自主性を大切にしています。幼児期は体験によって、感じ、思い、考えます。自由な時間、安心できる場所で自主的に生活することで、この内的働きを体験できると考えます。この体験が「遊び」です。大人が教えるのでなく、自分で考え、やってみて、友だちの模倣をしてみたり、調べてみたり、試行錯誤することでその体験が自分のものとなるのです。保育者は一人ひとりの子どもが大切にされ、自由な環境の中で安心して伸び伸びと生活できるように配慮しています。

③交わりを大切にします

子どもたちは幼稚園という一つの社会の中で、人と交わりながらたくさんのことを学んでいきます。同年齢の友達や教師との関わりだけでなく、異年齢の友達と関わる時も大切にしています。集団の中で自由に遊ぶことによって、他者との違いに気づいたり、協力したり、自分の意見を伝えたり、共に生きるための努力を学びます。遊びこんでいくほど、お互いの気持ちに敏感になり、相手をより知りたいという気持ちが育っていきます。これが幼児期に最も育つといわれている想像力を養うのに、欠かせないことなのです。

また園庭や園周囲の限られた自然との交わりの中で、目で見て、手で触れ、直接感じ、友だちや保育者と分かち合い共感することによって、自然界の事象に関心を持ち、私たちの造り主であり、いのちの源である神様の愛を知るようになります。そして与えられた大きな恵みの中で一人一人、一つ一つの生命を大切にして生きることを覚えていきます。

pht_pta.jpg

PTA活動は、幼稚園の保育を支え、豊かなものにしています。運動会、おもちつきなど、子どもたちのために側面から手伝うだけでなく、PTA会員一人ひとりが、この活動に無理なく積極的に参加し、学び、良き出会いを経験しながら豊かなときを過ごしています。

[主な年間行事]

総会、役委員会、懇談会(年2回)、講演会(年2回)、運動会のための例会他

[主な活動]

図書委員会、バザー、運動会、ならいましょう、クリスマス、施設訪問

[園発信のあつまり]

うたいましょう、キリスト教育自講座、まなびましょう、父親懇談会

体位測定(学期ごと)、検診(内科・歯科・耳鼻咽喉科・眼科)
視力・聴力検査・尿検査
  • *避難訓練・防災訓練・災害時引き取り訓練・防犯訓練実施
  • *非常用物品(水・食料・発電機等)の備蓄・子ども安全連絡網(緊急連絡配信)
  • *オートロック門扉・保育時間内の施錠・防犯監視カメラ設置・警備会社契約

お知らせ

捜真バプテスト教会
捜真バプテスト教会 教会学校

このホームページを購読