神様に愛される子どもたちの園

横浜駅に程近い、自然豊かな小高い丘の上にあるキリスト教の園です。

2020年5月26日(火)
「私はあなたの名を呼んだ。あなたは私のもの。・・・あなたは私の目に貴く、重んじられる。」
(聖書協会共同訳 イザヤ書43:1、4)
つき組の園児たちが入園して最初の数カ月は、子どもたちは、私が誰であるか知りません。子どもたちにとって、私は、初めは「一般的なおじさん」の一人だったのですが、しばらくすると、おじさんはおじさんでも、捜真幼稚園にいる「オノシェンセという名の特別なおじさん」になります。名前はその人が、特別な存在であることのしるしです。同じように、神様は、わたしたちを人類として見ておられるのではなく、ひとりひとりをかけがえのない固有の存在として、名前を呼んで愛してくださいます。ルカによる福音書15章4-6節に「見失った羊のたとえ」があります。100匹の羊のうち1匹がいなくなったら、羊飼いは99匹を野原に残して見失った羊を必死に捜すだろうというのです。羊飼いは一匹一匹に名前を付けて呼んでいたにちがいありません。ですから、いなくなった一匹は100分の1ではなく、たとえば「メータロウ」という名の一匹なのです。99匹がどうなってもよいということではなく、"どの一匹がいなくなっても羊飼い(神様)は同じことをする、一匹たりとも失いたくない、そのためにはどんな犠牲をも惜しまない"というのが、このたとえのポイントです。かつて勤務していた園で、私はこの羊飼いの心に触れるような経験をしました。言葉が全く出ない自閉症の男の子が入園してきました。最初の二か月は、母親なしでは幼稚園にいられませんでした。やがて、ひとりで幼稚園にいられるようになり、担任の保育者におんぶするようになりました。しかし私が握手をしようとしても、反応がありませんでした。他の園児たちは、「〇〇ちゃん、おはよう」と言うと「園長先生、おはようございます」とあいさつしてくれますが、この子とは園児と園長の関係が持てませんでした。それでも私は、「S君おはよう、S君元気かい」と声をかけ続けました。間もなく一年が過ぎようとする二月のある日、一日の最後の集まりをしているとき、私はS君のいるクラスに行きました。子どもたちは保育者の周りに半円形に腰かけていました。部屋の隅でごろごろしていたS君が、立ちあがって歩き出しました。なんと途中にいた私のひざの上にちょこんと座ったのです!おおげさに聞こえるかもしれませんが、天にも昇る気持ちでした。36人すべてがかけがえのない園児でしたが、S君とだけは関わりを持てずにいました。しかし、ついに一人の園児として関わることができるようになったのです。「見失った羊を見つけたので、一緒に喜んでください」(ルカ15:8)という表現は決しておおげさではなく、神様は人間一人一人に対して、このような思いを持っておられるに違いないと感じさせられた経験でした。捜真幼稚園の教職員はこのような神様の思いを共有し、子どもたち一人一人を神様に創られ愛されている尊い存在として、敬意を払いながら保育をしています。            
理事長 小野慈美
2020年5月 6日(水)

1か月前に自宅で転倒し入院、自宅療養していた小野慈美牧師が10日の主日礼拝より復帰されます。STAY HOMEが続いていますが、動画配信礼拝でお会いしましょう。
捜真バプテスト教会ホームページより視聴できます。(下記案内参照)

 

ー捜真バプテスト教会 オンライン礼拝のご案内ー
 5月10日(日) 10:30 
 聖書 ヨハネ21:15-17
 メッセージ 「神様にはあなたが必要です」
 小野慈美牧師
スマホ  http://soshin.or.jp/sp/message.html
パソコン http://www.soshin.or.jp/message.html
※過去の動画も自由に視聴することができます。
緊急事態宣言が5月末まで延長されたため、当分はインターネットによる礼拝を続けます。

2020年4月30日(木)
神はあなたと共にいる

ここ数ヶ月の間に刻々と状況が変化し、緊急事態宣言発令によって通常の保育開始の見通しが立たない状況です。皆様も家で過ごす生活の長時間化や感染の不安と日々闘っていらっしゃることでしょう。せめて気分転換にと、公園や外を散歩される方も多いことでしょう。

私も自粛生活が始まり、自宅近辺を歩くことが増えました。幸いにも徒歩圏内に並木や公園が幾つもあり、春の息吹を感じらながら新緑の美しいこの季節を堪能しています。こんなにも近隣の自然をゆったりと味わったのはいつのことだろうと思いながら、与えられた時間を楽しむようにしております。日常の生活は一変しましたが、今年も春は訪れ自然が作りだす景色は何一つ変わっていません。小さな草花の芽吹く生命力の強さは、些細な事に心奪われ悩み、不安を抱く私の心を和らげ、先の見えない日々に潤いを与えてくれています。それは命のある限り根を張り、花や実をつけていく植物の命の営みの向うに神様の愛があるからであり、私たちには尚更の如く神様の愛が注がれていると信じることによって得られる安心であると感謝しています。

イザヤ書 43 章1 節には「恐れるな、わたしはあなたを贖う。あなたはわたしのもの。わたしはあなたの名を呼ぶ。」と書かれています。 今この時にも、神様が私たちの名を呼んでくださっているのです。
近頃私の脳裏から離れず、奏でられている讃美歌があります。♪神はあなたと共にいる〜私は決してあなたから離れず 決してあなたを置き去りにはしない〜♪今は礼拝堂に集えず動画配信での礼拝参加になっていますが賛美する度に胸が熱くなります。『神はあなたと共にいる』は併設する捜真バプテスト教会の今年の主題聖句『わたしは、決してあなたから離れず、決してあなたを置き去りにはしない』ヘブライ人への手紙13章5節に併せて教会員が作詞作曲した讃美歌です。少し前までは神様の見守りに感謝しながら、さらっと賛美していました。しかし今は、賛美する度に、この言葉が心の底からの祈りと願いになっています。新型コロナウイルで亡くなる方は、家族に会うことも見送られることもなく一人で孤独に死を遂げるというニュースや孤独からくる様々な弊害を聞くたびに、この賛美が孤独の中にいる方々へ届きますように祈るばかりです。

今は皆様とも離れていますが、神様の愛によって結ばれていると確信しております。教職員一同、園児やご家族の皆様にお会いできないことに寂しさを感じつつ、今後も出来る限り皆様と繋がる工夫をしていきたいと思っています。日常の中で神様はいつも離れず、今この時もあなたの名を呼び、共にいてくださることに励まされ、神様の恵みを数えながら、力を合わせ祈りつつ歩んでまいりましょう。皆様のご健康を心からお祈り申しあげます。                                 

副園長 岡野 きよみ

2020年4月23日(木)


IMG_1969.jpg

新型コロナウィルス感染症感染拡大を防ぐため、1学期の子育て支援事業・保育見学会 等は中止しています。
園案内の資料をご希望の方には郵送しております。
園あてにメール(kg@soshin.or.jp)か電話(045-323-1676)にてご連絡ください。


当園は認定こども園として、幼児教育・保育の機能を併せ持つ園として、緊急事態宣言発令中の現在も必要な園児の保育を提供しております。その中で、お休みしている園児のためにも、教職員は毎週、子どもたちにそれぞれの学年に合わせたお手紙やクラフト素材などを郵送して、少しでもご家庭で親子で楽しく過ごせるように祈りながら届けています。

2020年4月 9日(木)
「神さまの愛に包まれて」
 捜真幼稚園の新しい歩みが始まりました。といってもいまだにいつ全員が園に集まることができるのかわからない状態です。私たちが誰も経験したことのない事態に直面していること、先が見えない不安の中にいることは事実として受け止めなければなりません。しかし子どもたちにはかけがえのない時間です。お家で過ごしている人も、園に来ている人も一人ひとりの時間が守られますように、皆でお祈りしています。

 キリスト教保育が一番大切にしていることは、子どもたちの「今、ここで」を支えることです。子どもたちは自分たちの「今、ここで」を守ってもらえるから、興味関心が広がり、試行錯誤しながら遊び、自分の意見や思いを安心して出すことができます。そして自分がかけがえのない存在であることに気付いていきます。
 今、私たちは見えないウイルスに翻弄されていますが、捜真幼稚園では、まず見えない神さまに目を向けることから保育が始まります。それは、私たちがどんなものであっても愛の中に包んでくださる神さまを知ることで、自分を、また友だちを大切にすることができるからです。神さまを知り、交わり、体験していく中で子どもたちは自分が赦され、愛されていることを確信していきます。

「あなたがたは神に愛されている子どもですから、神に倣うものとなりなさい。」  エフェソ 5:1

 この聖書のみ言葉は一見、命令のように思えますが、すでに神はあなたを愛し、神に倣うものとして造られているのだから、愛されているものとしてありのままでいなさい。という神さまの励ましの言葉です。どんなに忙しくても、イライラしても、自分が情けなく思える時も、ああこの私を神さまは良しとしてくださっているのだと気づかされる時、心が解放されて少し余裕が生まれてきます。皆さんも是非この神さまの愛を味わってください。

 今年度はスタートから様々なことで中止、延期、変更を余儀なくされました。これからも行事や日々の保育にいつもと違う対応を迫られることでしょう。しかし、神さまは「今、ここ」にいてくださり、いつも必要を満たしてくださいます。必ず道を示し、知恵を与えてくださいます。このことを信じると、希望が湧いてきます。祈りつつ、神さまが与えてくださる恵みを数えながら、歩んでまいりましょう。    

園長 寺田 千栄


 2020年度は9日(木)入園式から1学期が始まる予定でしたが、緊急事態宣言発令に伴い、内閣府、神奈川県、横浜市からの要請、指示がありましたので、それを受けて園の対策を保護者にお伝えしました。
発令が解除されるまでは、可能な限り園児は自宅待機をしていただき、保育が必要なご家庭の園児の保育は続けます。園での保育が守られますようにお祈りください。
感染症予防のため、保護者の送迎以外の園内の立ち入りはご遠慮いただいておりますので、転入等の見学はお受けできません。
園への問い合わせは、電話や問い合わせフォームよりご連絡くださいますようお願いします。


2020年3月31日(火)

新型コロナウィルス感染症の対応により、例年開催している園行事や子育て支援プログラム(ひかりの子・ジョイジョイ等)は中止・延期となりました。
当ホームページの各項目でご確認ください。
なお開催日等が決まりましたら、随時、更新をしていきますし、今後も掲載内容が変更になることもありますのでご了承ください。

入園に関する問い合わせや子育て支援プログラムの育児相談については、問い合わせフォームや電話等により受付しております。

教会バザー(5月)・ホームカミングデー(6月)についても延期となりました。開催日が決まりましたらお知らせいたします。
また、捜真バプテスト教会教会学校についても当初予定していた開始日を変更することとなりました。
今後の状況次第でさらに変更になることもありますので、捜真バプテスト教会ホームページでご確認ください。

2020年3月 8日(日)

捜真バプテスト教会 教会学校は、3月15日(日)を休校といたします。
2019年度の教会学校の最終日となっておりましたので、翌週以降は春休みです。
なお、2020年度は4月12日(日)9:00~始まります。
イースター礼拝・1学期始業礼拝・2019年度表彰式を行います。

お知り合いの方で教会学校に通っているご家庭にお知らせいただけると助かります。
なお、今後についても変更等がある場合は、捜真バプテスト教会ホームページより発信しますので、ご確認ください。

毎週日曜日に行われている主日礼拝10:30~は教会のホームページよりLive動画配信をしています。しばらくの間、パスワード無しで視聴できますので、ご一緒にみ言葉を聴き祈る時をお持ちくださればと思います。
http://www.soshin.or.jp/

2020年3月 2日(月)

3月13日(金)に予定していましたキリスト教講座Ⅱはお休みになります。
次回は5月8日(金)の予定です。

2020年2月28日(金)

捜真バプテスト教会 教会学校は、3月1日、3月8日を休校といたします。
お知り合いの方で教会学校に通っているご家庭にお知らせいただけると助かります。
なお、今後についても変更等がある場合は、捜真バプテスト教会ホームページより発信しますので、ご確認ください。
http://www.soshin.or.jp/

2020年2月27日(木)
感謝

今年度も卒業生を送り出す3月が間近となりました。この一年は、皆様にとって感謝に満ちた日々でしたでしょうか。
私が今年度心に留め、大切にしながら保育してきたことは、知識や経験に頼らず、今までよりも丁寧に保育することです。丁寧に周りを見回すと見過ごしてきた事の中に喜びや驚き、発見があり日々与えられている恵みに感謝することができました。その反面立ち止まると時間が奪われ、ゆとりの無さとの戦いでもありました。何でこんなことを私がと、素直に感謝できない試練や不平に覆われる度に、河野進さんの詩に、励まされてきました。
「天のお父さまどんな不幸を吸ってでも はく息は感謝でありますように
すべては恵みの呼吸ですから」

試練も神様の恵みであると幾度となく神様の愛に立ち返り、感謝し、祈ることへと導かれたかわかりません。
『わたしたちの主イエスキリストの名により、父である神に感謝しなさい。』
エフェソの信徒への手紙5:20

丁寧な保育を実践するに伴う試練も神様の恵みだと感謝すると新たな神様の恵みに気づき感謝へと導かれ不思議と更なる恵みが私を満たしてくれました。神様への感謝をする度に、河野進さんのもう一つの詩が心に染みた一年でもありました。
「あたえて あたえて もうなくなっても 感謝は両手いっぱい 残っています
それがまた あたえるものに かわるから不思議です」

子育てに奮闘される皆さんの日常は、自分の思い通りにいかない事にイライラしたり、自分を不快にさせる相手に当たりたくなったりと、妥協や我慢の連続です。しかし自分にとっては排除したい妥協や我慢する出来事は私を育ててくださる神様からの恵みと感謝をすると世界が違って見えるのではないでしょうか。手をかけてあげられる子どもの存在は愛おしくもあり、神様から頂いた恵みと感謝することはできるのではないでしょうか。与えられる試練や困難の中にも注がれている神様の愛と恵みに感謝することで、より丁寧に子どもや家族に向気合う思いに立たされます。

どんな不幸を吸ってでも はく息は感謝でありますように すべては恵みの呼吸ですから
あたえて あたえて もうなくなっても 両手いっぱい残っている感謝をあたえるものに...
皆様との出会いに感謝しつつ、今後皆様に与えられる試練を、育てたもう神様の恵みと感謝しながら歩む先には、恵みと喜びが満ち溢れますにお祈りしております。   
                              

副園長 岡野 きよみ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
保護者専用ページ
れんらくアプリ
捜真バプテスト教会
捜真バプテスト教会 教会学校
  • このホームページを購読